画像提供:東海新報社

文字サイズ

標準拡大
プライバシーポリシー

お知らせ

お知らせ
連携強化活動
2019/10/08

「いわての森林の感謝祭」に参加しました

 10月5日(土) 大船渡市三陸町越喜来の「北里大学海洋生命科学部付属三陸臨海教育研究センター」で、第12回「いわての森林の感謝祭」が開催されました。これは岩手県などが毎年開催しているもので、高田松原を守る会から小山副理事長、阿部理事、千葉理事の3名が参加しました。
 記念式典の後は植樹会場へ移動し、天皇陛下の即位を記念して大船渡市の花である椿の若木3本を植樹し、標柱を建立。その後、参加者全員(約330人)で小花粉スギや抵抗性アカマツなどの苗木2,500本を植樹しました。
 今回の感謝祭は、森林が果たすCO2削減効果、川を介して多量のプランクトンを海に供給し、豊かな漁場形成に貢献している役割、そして森林整備の重要性について再確認する機会となりました。
 高田松原を守る会は今後も関係機関と連携し、このような環境保全活動に参加して参ります。

 

天皇陛下即位記念植樹の様子

 

植樹会場での植樹風景

 

高田松原を守る会の参加者

 

ページトップへ
もどる