画像提供:東海新報社

文字サイズ

標準拡大
プライバシーポリシー

お知らせ

お知らせ
植樹祭
2019/04/29

2019年度「第2回 高田松原再生植樹祭」を開催しました

 4月28日(日)、高田松原海岸において、平成最後の植樹イベントとなる「第2回 高田松原再生植樹祭」を開催しました。前日まで3日続きの雨模様で開催が心配されましたが、当日はすばらしい天候に恵まれ、予定通り開催することができました。
 今回も全国各地から約130名の皆さんに参加していただき、2年生のクロマツの苗木約290本を植樹しました。これで高田松原を守る会が担う1万本のうち、合計約7,500本の苗木を植樹したことになります。高田松原再生へ向けて、また一歩前進しました。

 


植樹会場での開会式の様子です。今回も全国各地から約130名の皆さんが集まりました。

 


造園業を営んでいる小山副理事長による植樹レクチャー。毎回おやじギャグが飛び出し参加者の笑いを取りますが、たまにスベることも・・・。

 


植樹作業は7班に分かれて行いました。各班の班長さん、植樹サポータの皆さんは作業の手順を丁寧に指導してくれました。

 


作業風景です。色とりどりの作業着が茶色の砂地に映えます。

 


今回植樹した苗木も(一財)ベターリビングさんから寄贈されたものです。

 


小さなお子さんもお父さんと一緒に参加し、風よけの竹簀にメッセージを書いてくれました。大きくなったらまた見に来てね!

 


静岡県掛川市の「ふっこう支援掛川」から参加の5名の皆さんには、前日の準備作業から後片付けまで手伝っていただきました。高田松原を守る会は多くの皆さんからご支援をいただいています。

 


作業終了後は班毎に記念撮影。みんな笑顔で充実感が感じられました。

 


オレンジ色のお揃いのジャンパーで作業したラッキーバッグ(株)の皆さんは山形県と岩手県から40名が参加。ブルーの作業着で作業した日本エア・リキード(株)の皆さん17名は全国各地から参加していただきました。どちらも植樹会場で目立っていました。

 


今回班長、植樹サポーターを務めていただいた秋田の「チームなまはげ・こまち」、「少林寺拳法陸前高田チーム」、そして個人ボランティアの皆さん。全員植樹のプロで、植樹祭にはなくてはならない存在。高田松原を守る会の強力な助っ人達です。

 

【 主 催 】

特定非営利活動法人 高田松原を守る会

【 協 力 】

一般財団法人 ベターリビング

一般財団法人 日本緑化センター

 

 

 

ページトップへ
もどる