画像提供:東海新報社

文字サイズ

標準拡大
プライバシーポリシー

お知らせ

お知らせ
植樹祭
2019/04/12

秋田県大館市の皆さんに防草シートを加工していただきました

 高田松原を守る会では今年度4回の植樹祭を計画しており、合計約2,200本のマツの苗木を植樹します。今年は雑草対策のため、苗木の周りに防草シートを敷くことにしましたが、防草シートの加工を秋田県大館市の皆さんにご協力していただきました。ロール状のシートを70cm幅で切断し中央部に切り込みを入れるものですが、”ほつれ”が生じないようアイロンで熱を加えてから切るといった非常に手間がかかる作業です。作業は3月24日と4月6日の2日間行い、のべ約50名の皆さんで合計約2,800枚を加工していただきました。
 加工した防草シートは、作業を引き受けていただいた大館市の「いのち・くらし・みどりに寄り添う会」事務局長の髙橋秀一さんが、4月7日に高田松原を守る会の事務所まで持参して来られ、当会の鈴木理事長に手渡しました。早速4月21日から始まる植樹祭に使用させていただきます。
 大館の皆さん、ありがとうございました。

ページトップへ
もどる